アレルギーの原因

スキンケア

感染性微生物から身を守る

 私たちの体には感染性微生物(細菌、ウイルス)や異物などから身を守る免疫というシステム(防御機能)が備わっています。この免疫の機能がなんらかの原因で異常を起こし、発疹、くしゃみ、呼吸困難等の症状を起こすのがアレルギーです。
 アレルギーの原因になる物質をアレルゲン(抗原)といい、花粉、ダニ、食物など多くのアレルゲンがあります。
 アレルゲンが体内に入ると異物とみなし、排除する免疫機能が働き、IgE 抗体を作り、感作という状態になります。
 感作が成立するとアレルゲンが再度体内に入り、アレルギー症状を引き起こします。
 鼻から入ればアレルギー性鼻炎、食べ物で口から入れば食物アレルギー、皮膚に付着するとアトピー性皮膚炎、喉の気道に入ればアトピー型喘息を発症します。


皮膚からアレルゲンの侵入

スキンケア

アレルギー症状の新説

 最近の研究では皮膚のバリア機能低下(欠陥)があり、皮膚からアレルゲンが侵入して免疫機能を刺激し、感作したのちにアレルゲンが再度侵入すると種々のアレルギー症状が出るとの新説が発表されています。
 手は常に露出していて、身体の中でも最もよく使う部位でもあり、アレルゲンにも接しやすい状況にあります。特に荒れた手や傷のある手は皮膚のバリア機能が極度に損なわれていて、アレルゲンの侵入を容易にし、結果的にアレルギー症状を誘発しやすい状況を作りだすものと推察されています。


皮膚のタンパク質のバリア機能

こまめなスキンケア

 皮膚のタンパク質「フィラグリン」は皮膚の表面で作られ、皮膚を守るバリアとしての機能があります。
 このフィラグリンの機能を補うのが保湿剤や被膜保護剤です。
 荒れた手や荒れた肌は保湿剤や被膜保護剤で早く治療し、バリア機能を強化してアレルゲンの侵入を阻止することがアレルギー症状の発生を防ぐ一つの対策になるものと考えられます。
 肌荒れが特に酷い場合は、皮膚科を受診し、治療と治療後の皮膚の保湿・保護を心がけて下さい。

 

たかが手荒れと軽視せずに、保湿剤や被膜保護剤を利用した日々のこまめなスキンケアを心がけましょう。