切り花用を長持ちさせる保水ゼリー「エコゼリー」についてのご紹介

 お花を長持ちさせる、切り花用保水ゼリー「エコゼリー」は環境にやさしい商品です。

 

● 水をゼリー状に固めたものです。

● 成分の約99%が水で、栄養分、抗菌剤などが含まれています。
● 原材料は水、防腐剤、多糖類、食品添加物で環境に問題のないものを選んでいます。
● 「エコゼリー」は株式会社伏見製薬所の登録・特許商品です。

 このようなときに「エコゼリー」が必要になります。

 

● 切り花を長く楽しみたい。

● 発送など取り扱い時も鮮度を保ちたい。
● 水を使わずにお花に水分補給したい。

<切り花生産者様、お花屋さん、家庭で切り花を楽しむ方の必需品です!!>
 
 

産地から市場へ お花屋さん お供えに ご家庭で
 

切り花を日持ちさせるには水の補給が大切

切り花は人にとって見るだけで心が癒される、美しさ・きれいさを堪能できる身近な自然です。
しかし可憐で弱々しい切り花は短期間でしおれてしまいます。
だけどそんな美しい切り花がだんだんとしおれていく姿に人は心を動かされます。

 

 

少しでも長く可憐な姿を見てたいと誰しも思います。

しかし通常切り花は1週間程度でしおれてしまいます。
買ったお花の鮮度が悪かったり、傷んでいたり、
また、水の補給が足りなかったり、気温が高くなると切り花に必要な水分の蒸散が増え、バクテリアの繁殖が進みしおれるのが早くなります。

短ければ買ってきた切り花が半日でしおれだすこともあります。

そんな切り花をなるべく日持ちさせるには一番に水の補給が大切です。
しかも新鮮な水でないといけません。

 

しかし日常の中で、新鮮な水を維持するのも難しいです。

 

そこで切り花が日持ちするために、水をゼリー状にした「エコゼリー」のご使用をご提案します。


 

「エコゼリー」の使用上・保管上の注意

「エコゼリー」の取り扱いには下記のようなことにご注意下さい。

 


● 切り花用の給水ゼリーで食べることはできません。
● 凍結しますと水の分離でゼリー状が保てなくなります。
● 水を加えてのご使用は抗菌効果が薄れますので腐敗の原因となります。また、水を加えても復元はしません。
● 高温になるところや、直射日光の当たるところを避けていただき、開封後は速やかにご使用ください。
● 花束にエコゼリーを装着した後の予冷、出荷前などの時間は、花束を立てて置くことをお勧めします。これにより、エコゼリー中の遊離水が全てのお花に行きわたり、過剰な離水が吸収されて出荷時の水漏れを防ぐことができます。

 

「エコゼリー」を使うメリット

「お花の保水に「エコゼリー」を使うことによって、切り花を扱う方も楽しむ方もおおきな効果がもたされます。

 

● 切り花の鮮度保持に水の準備を必要としません。

● 水こぼれなく持ち運びに大変便利です。
● 花持ちに対して安心感が生まれます。
● バクテリアの繁殖を抑え、花持ちの継続としおれるまでの一貫した清潔を保てます。
● しおれても切り花はドライな状態で、「エコゼリー」もなくなるものなので廃棄が楽です。

 

「エコゼリー」による輸送時の効果

「エコゼリー」を付けて花束を発送すれば、販売者・購買者双方にメリットが大きくあります。

 

● 輸送期間中、さらにはお客様の手元までしおれずに花の鮮度が保たれます。

● 出荷前日からの荷造りも可能で、発送の準備が効率よくできます。
● 流通の間に水枯れにより花にストレスを与えることがなく、賞味期間が延長できます。
● 花束を横にしても水漏れの心配がありません。

 

高温期用エコゼリー

夏場には吸水量が増えますので、お花の寿命が減りますが、それを補うグレードです。

 

● 夏場に特化した「エコゼリー」です。
● 適用期間 5月~10月 (推奨期間6月~9月)。
● 切り花の消耗が激しい夏季において寿命を延長します。
● 2~3日装着後に水に活け変えても延命効果を得られます。
● 開花の促進、維持プラス下葉の黄変を抑制します。